花粉症

天然の抗生物質プロポリス

抗生物質は病気になった際や怪我をした場合に利用することが多いお薬です。
炎症を抑えてくれるので風邪をこじらせてしまい、のどの炎症がひどいとか気管支炎になったとか、肺炎になった、という場合にも抗生物質が利用されます。
ただこの抗生物質というのは人が人工的に作ったもので、悪さをするブドウ球菌などに強い効果をもたらしますが、健康な善玉菌にまで作用が及んでしまうことが問題です。

善玉菌は体を健康に保つために必要不可欠なものです。
悪い菌を殺すために利用する抗生物質がいい菌まで殺してしまうというのが、現代の抗生物質というお薬が抱えている大きな問題なのです。
その問題を軽々クリアしてしまったのが、ミツバチが作る天然の抗生物質、「プロポリス」なんですね。

プロポリスは悪い菌にしか作用しません。
いい菌には何もせず、悪い菌だけに的を絞って撃退するのです。
またこれもプロポリスの最大の利点といわれていますが、抗生物質の場合、長く使い過ぎると抗体を持ってしまい効かなくなってしまうということがわかっています。
でもプロポリスの場合、抗体を作りませんので、抗生物質のような働きを継続できるという大きな利点があるのですね。

プロポリス入りののど飴などをなめてみるとよく理解できますが、炎症が軽くなり痛みが軽減されます。
この効果もスピーディで、効果を強く感じることができますので、ぜひ、利用してほしいですね。


このページの先頭へ